長島有里

逗子を「こどもにやさしいまち」にしたい!

  1. こどもがまちの未来について意見を述べる「こども議会」がある
  2. こどもが経済格差を感じることなく学習できる支援策が整っている
  3. こどもの健康な成長を支える小児医療環境や中学校給食を完備する
  4. こどもを親がひとりでも育てられるやさしい就労環境や施策がある
  5. こどもにいかなる差別も虐待も暴力もない社会を保障する
  6. こどもの公園や緑地、こども食堂を見守り、助け合う地域の枠組みがある
  7. こどもは自然災害などの避難場所で、最優先でケアされる
  8. こどもが文化に親しむ機会にあふれ、「こどもにやさしいまち条例」がある

上記1~8はユニセフの子どもにやさしいまち(Child Friendly Cities) framework(基本構造)を参考にしながら、逗子市がいつかこどもにやさしいまちに認定されるよう考えてみた私の提言です。こどもにやさしいまちの公式情報はwww.unicef.or.jpでご覧になれます。

Copyright © 長島有里事務所 All Rights Reserved.
神奈川県逗子市桜山,